MENU

ニュース

主にウエブに関わる最新ニュースや当ホームページの更新状況等を配信中です

どうすれば不動産サイトで多くの反響を得るか

2014年04月22日

今回は不動産サイトに焦点を合わせての説明になります。

多くの反響を得るには、まずはアクセス数を増やす事が大事です。
但し、アクセス数は、今日明日で上がる訳ではありません。

「アクセスは殆ど無い」「あまり時間をかけられない」という方に

1.物件の登録に掛ける時間を5分多くする
5分多くして何が変わるか?(勿論5分間何もしないという事ではありません)

まずテキスト量が増え、情報量に厚みがでるはずです。
情報量が多いページは、検索エンジン・エンドユーザーのどちらにも効果的です。

まずは、今までより「5分間」だけ時間を掛け、密度の濃い情報を配信する事を心掛けます。

2.情報不足のページはアップしない
情報量が少ないという事は、薄いページになります。
「1」とは逆に、薄いページは検索エンジン・エンドユーザーにとって、逆効果になります。
しっかりした情報(画像等も含め)の元、ウェブへアップする事が大事です。

3.エンド目線でタイトルを決める
悪い例) ○○駅のワンルームマンション
良い例) 礼金ゼロ!単身者では十分な広さがあるワンルームの紹介です!

タイトルとは、GoogleやYahoo等で検索した結果、出てくる文字になります。
まずはタイトルで目を引かなければ、クリックされる事はありません。

大げさに表現する必要はありませんが、物件の売りや特徴を、エンド目線でテキストにしていけば自然と目を引くタイトルになってくると思います。

以上3点が、反響を得るために必要な、最低限の事だと思います。
軽~い感じでアップするより、しっかり考えて、じっくりアップした方が、断然良いと言う事になります。

ニュース一覧

最近の制作実績

過去約1年間~弊社で制作/開発をした実績を画像と紹介文を交え紹介しています

2016年6月デザイン実績

MINATOKURENT様
貸事務所・オフィス検索サイト

  • デザイン
  • 制作
  • 更新機能

2016年6月デザイン更新機能実績

プレニーズ様
コーポレートサイト

  • デザイン
  • 制作
  • 更新機能

2016年5月デザイン実績

UR-Style様
UR賃貸物件検索サイト

  • デザイン
  • 制作
  • 更新機能

制作実績一覧

ウェブデザイン集客の事

お問い合わせ・お見積りはこちら