MENU

ニュース

主にウエブに関わる最新ニュースや当ホームページの更新状況等を配信中です

Windows XPを使い続けるリスク

2014年04月15日

4月9日にWindows XPのサポートが終了しました。
先日、お客様の所へ伺った際に、XPを使っている営業マンが居て驚きましたが、使い続けている方は、それほど危機感を持っていませんでした。

今回は、何故XPを使い続けてはいけないのか?を説明したいと思います。

1.更新プログラムの停止
「脆弱性が見つかった」→「更新プログラムによりブロック」~簡単ですが、これが更新プログラムになります。
更新プログラムの停止に伴い、今後何らかの脆弱性が見つかった場合、その脆弱性を攻撃される可能性が非常に高いです。

脆弱性の修正が今後行われないという事は、攻撃され続け、まったく防御ができない状態になります。
不正なアクセス・プログラムの書き換え等に対して、ブロックする術が全くないと思って良いでしょう。

2.古いバージョンほど攻撃されやすい
WindowsはXP→Vista→7→8と、バージョンがアップするに従い、脆弱性対策がなされてきています。
また、攻撃者にとっては、最も攻撃をしやすい物を攻撃してきます。

仮に、社内ネットワークの中で、1台でもXPがある場合、そのパソコンが狙われ、ネットワークを介し他のパソコンへも影響が出てくる可能性が高いです。

「2」にも挙げた通り、ネットワーク内に1台でも、XPパソコンが存在する場合、他のパソコンも影響を受ける可能性が高いです。

また、どうしてもXPを使い続ける場合、
1. インターネット接続は避ける
2. USB(ハード等)の接続はしない
3. 携帯の充電をしない(携帯の情報も抜き取られる可能性があるため)

等に注意すべきです。
インターネットに接続されていないパソコンは、業務上何の役にも立たない気がしますが...

私は勿論、すぐにバージョンアップする事を、強くおすすめします。

ニュース一覧

最近の制作実績

過去約1年間~弊社で制作/開発をした実績を画像と紹介文を交え紹介しています

2016年6月デザイン実績

MINATOKU RENT様
東京都内の貸事務所検索サイト

  • デザイン
  • 制作
  • 更新機能

2016年4月デザイン更新機能実績

吸玉院ごぎょう様
鍼灸マッサージ店のホームページ

  • デザイン
  • 制作
  • 更新機能

2015年12月デザイン実績

侍ミュージアム様
サムライミュージアム日本語・英語版

  • デザイン
  • 制作

制作実績一覧

ウェブデザイン集客の事

お問い合わせ・お見積りはこちら